USE CASE 導入事例のご紹介

非接触表面温度情報の可視化


顧客名

ユークエスト株式会社様

概要

温度センサーデバイスのIoT化を実現。
これまでも、オンプレミス製品での可視化は実現していましたが、IoT.kyoto VIS上でオプション機能(有償)として可視化画面を提供することで短期間でIoT化を実現しました。
写真は、温度センサーデバイスでアイロンをセンシングしたものです。

お客様のご要望

  • サーモパイルアレイセンサー※をIoT化したい
  • 既存の機器構成を極力変更することなく、早く低コストで実現させたい

※サーモパイルアレイセンサーとは
赤外線センサーをマトリクス状に配置することにより、非接触かつ、微細に温度分布を測定
できるセンサー

導入効果

  • 既存デバイスのわずかな改修でIoT化を実現
  • 専用の可視化画面を作成することにより、ユークエスト株式会社様の製品の特長がより伝わりやすく
  • 可視化画面はIoT.kyoto VISをカスタマイズすることで安価に提供

製品写真

センサーユニット

ゲートウェイユニット

クライアント名 : ユークエスト株式会社様