USE CASE

導入事例

エレベーター保守用の電圧ロガーをFlashAirを用いてIoT化


顧客名

 フジテック株式会社様

概要

エレベーターの保守点検時に使用する電圧ロガー(日置電機社製 メモリハイコーダー)をFlashAir(東芝メモリ社製)を用いてIoT化しました。これにより電圧計測値をほぼリアルタイムでインターネット越しにモニターすることができるようになり、保守点検の効率化が期待されています。

本事例が2018年2月16日の日刊工業新聞に掲載されました!

アーキテクチャ


メモリハイコーダー(日置電機社製)
入力された電圧値データをCFカードに書き込む記録計。FlashAirはSD/CF変換アダプタを使用して接続します

FlashAir(東芝メモリ社製)
Wi-Fi機能を搭載したSDカード。最新のものはファイル書き込みなどをトリガーにスクリプトを実行することができます

導入効果

エレベータの故障や不具合につながる電圧の異常を検知するために、最下階下のピットや屋上の機械室にメモリハイコーダーを設置し、最大2ヶ月程度モーターの電圧変動をロギングすることがあります。これまでは、設置機器の回収後に計測値を解析していました。FlashAirを利用してIoT化することで、IoT.kyoto VISを介してほぼリアルタイムの電圧データをモニターし、電圧異常を検知するまでの期間が短縮できるようになりました。同様の機器はフジテック様の生産ラインでも使用されており、生産プロセスの効率化への応用も期待されています。

計測の様子

試験的に商用電源(交流100V)を入力し、IoT.kyoto VISで可視化できることを確認している様子です。