初めての方のための新 IoT.kyoto VIS マニュアル

初めての方のための新 IoT.kyoto VIS マニュアルです。基本的な機能についてはこちらをご参考ください!

マニュアルの目次

 

[0] 事前準備
[1] DynamoDB構築
[2] IAM Access Keyを取得する

[3] サインイン画面について
[4] グラフ画面について

 

[0] 事前準備

事前に準備するもの
  • IoTデバイス(計測する値を出力します)
  • AWSアカウント

[0-1] IoT.kyoto VIS 構成例

image
 

[0-2] IoT.kyoto VIS を使用するために必要なデータ

たとえば、温度と照度を出力するIoTデバイスの場合に必要なデータ

  • IoTデバイスを識別するIDとタイムスタンプは必須です
  • 下表の場合、temperatureとlightはIoTデバイスから出力される計測対象の値です
  • IoTデバイスで計測したこれらのデータは「[1] DynamoDB構築手順」でDynamoDBのテーブルを作成後、テーブルにデータを書き込みます。さらに、「[4] グラフ画面について」で設定することで、リアルタイムでグラフ化することができます
deviceID time temperature light
01 2016-03-04 10:17:44 25.6 103
02 2016-03-04 10:17:44 22.1 216
01 2016-03-04 10:17:45 25.8 98
02 2016-03-04 10:17:45 21.9 210

タイムスタンプは下記6種類のうちのいずれかをお使い下さい。画面表示時にUTCはJSTに自動変換されます。

[JST]
 YYYY-MM-DD hh:mm:ss
 YYYY/MM/DD hh:mm:ss
 YYYY-MM-DDThh:mm:ss.sss+0900
[UTC]
 YYYY-MM-DDThh:mm:ssZ
 UNIXタイムスタンプ(整数10桁)
 UNIXタイムスタンプ(整数13桁)

 

[0-3] DynamoDBにデータを書き込む方法

  • デバイスID/タイムスタンプ/計測値を下記のようにJSON形式で書き出します。csvは利用できません
{"light": 164, "ID": "id000", "time_sensor": "2016-03-28 15:16:48"}
{"light": 692, "ID": "id000", "time_sensor": "2016-03-28 15:16:49"}
  • 下記のような方法でJSONをDynamoDBに書き込みます。実装例も参照して下さい
    • APIを利用する
    • 各種言語向けのSDKを利用する
    • AWS CLIを利用する
    • AWS IoTやLambdaなどのAWSのサービスを経由して書き込む
    • fluentdなどのミドルウェアを利用する
    • DataSpiderなどのETLツールを利用する(JSONでなくてもOK)
  • API/SDKついてはAWSの開発者用リソースを参照して下さい

[0-4] AWS IoTを使用する場合の設定

  • AWS IoTからDynamoDBにデータを書き込む場合、標準では下図のように「payload」キーに”humidity”や”light”などのキーがネストされて計測値が記録されます。
    データフォーマット(例)
{
  "thingName": "device001",
  "timestamp": "1450505098624",
  "payload": {
    "humidity": 40.64,
    "light": 487.52,
    "temperature": 29.9,
    "thingName": " device001"
  }
}

image
 
 


[1] DynamoDB構築手順

1. AWSにサインインします

image
 

2. リージョンを確認します

  • 特に他のリージョンを選ぶ理由がない場合は[アジアパシフィック(東京)]を選択してください

image
 

3. DynamoDB のコンソール画面で[デーブルの作成] をクリックしてください

image
 

4. テーブル名に任意の名前をつけてください

image
 

 

5. プライマリキーのパーティションキーに任意の名前をつけてください

  • データ型はIoTデバイスが出力する値に合わせて「文字列」または「数値」を選んでください

  • IoTデバイスの特定に分かりやすい名前を付けてください

image
 

6. [ソートキーの追加]のチェックボックスをクリックしてチェックを入れてください

image
 

7. プライマリキーのソートキーに任意の名前をつけてください

  • 時間の特定に分かりやすい名前を付けてください

  • データ型はIoTデバイスが出力する値に合わせて「文字列」または「数値」を選んでください

image
 

8. テーブル設定の[デフォルト設定の使用]のチェックボックスをクリックしてチェックを外します

image
 

9. プロビジョニングされたキャパシティの[読み込み容量ユニット]と[書き込み容量ユニット]のチェックを外してテーブル数を設定してください

  • IoTデバイス2~3個までなら「読み込み容量ユニット」が5テーブル、「書き込み容量ユニット」が5テーブルで足ります
    • [作成]をクリックしてテーブル作成は完了です

image
 
 

[2] IAM Access Keyを取得する

1. Identity and Access Management(IAM)コンソールを開いてください

*マネジメントコンソールの「サービスの検索」欄に、「IAM」と入力し、「IAM」をクリックする

image
 

2. [ユーザー]をクリックして開き、[ユーザーを追加]をクリックし、任意の名前でユーザーを作成します

  • [プログラムによるアクセス]のチェックボックスにチェックを入れます
  • [次のステップ]をクリックします

image
image
 

3. アクセス許可の設定を行います

*[既存のポリシーを直接アタッチ]をクリックします

*検索欄に「DB」で検索

  • [AmazonDynamoDBReadOnlyAccess]のチェックボックスにチェックを入れて、[次のステップ]をクリックします

  • IAMでReadOnlyAccessに設定することで、DynamoDBからデータを取得することが許可されます

image
 

4. [タグの追加]は任意で入力し、[次のステップ]をクリックします

 

5. 内容を確認し問題がなければ、[ユーザーの作成]ボタンをクリックしてアカウントを作成します

image
 
 


[3] サインイン画面について

0. IoT.kyoto VISを開きます

 

〜各ボタン、リンク説明〜

 

1: 「サインイン」ボタン・・・新規登録を終えた後はここからサインインしてください
(旧VISサイトで登録されたログイン情報もこちらで利用することができます)
2: 「新規登録」ボタン
3: 「パスワードを忘れた方はこちら」リンク
 
 

1. まずは新規登録から始めましょう!

1-1. 「新規登録」ボタンをクリックすると、新規登録画面が出てきます。

 

 

1-2. メールアドレスとID、パスワードをそれぞれ入力します

ID がメールアドレスと同じで問題なければ
「メールアドレスと同じものを ID として利用する」のチェックボックスに チェックを入れてください。

*パスワードを設定する際は大文字、小文字、数字をそれぞれ含め、8文字以上で設定してください。 (設定しないとエラーが出てしまいますので、ご注意ください)
 

1-3. 認証メールが設定したメールアドレス宛に送信されるので少しだけ待ってくださいね

メール内のリンクをクリックしたら、新規登録はOK!
 
 

2. パスワードを忘れてしまった場合

2-1. 「パスワードを忘れた方はこちら」リンクをクリックしてください

 

 

2-2. ID を入力して、「パスワードをリセットする」ボタンをクリックします

新しいパスワードを設定してください

*ただし!ID まで忘れてしまうとリマインダーページでは対応できないので、ご注意ください!

アカウントの設定ができたら、次はデータを可視化しましょう!

 
 

[4] グラフ画面について

 
〜各リンク、アイコン説明〜

 

1: 「Webサイト」リンク・・・クリックすると、IoT.kyoto のWebサイトが開きます
2: 「サインアウト」アイコン・・・クリックでサインアウトします
3: 「グラフ追加」アイコン
4: 「並び替えモード切り替え」アイコン
 
 

1. それでは早速グラフを追加しましょう!

1-1. 「グラフ追加」アイコンをクリックします

グラフ設定画⾯が出てきます
 

1-2. 「グラフ設定(初期設定)」を設定しましょう

順番にやっていきましょう!

 
1-2-1. まずは認証情報設定!
既に設定している認証情報ストアを設定する場合はプルダウンより選択してください

 
認証情報ストアを追加します!
認証情報ストアを追加する場合は選択リストの右にあるアイコンをクリックします

フォルダアイコンをクリックします
 

認証情報ストアを削除したい場合は「 」アイコンをクリックします
前のページに戻りたい場合は「×」アイコンをクリックします

 

・認証情報ストア名に任意の認証ストア名を入力します
・AWSのアクセスキーとシークレットキー、リージョンコードを入力します
 

リージョンコードはこちらの図を参考にしてください。(2018年10月時点)
最新のリージョンコードは別途AWSのリージョンとアベイラビリティーゾーンのページで確認してください

 

コード 名前
us-east-1 米国東部(バージニア北部)
us-east-2 米国東部 (オハイオ)
us-west-1 米国⻄部 (北カリフォルニア)
us-west-2 米国⻄部 (オレゴン)
ca-central-1 カナダ (中部)
eu-central-1 欧州 (フランクフルト)
eu-west-1 欧州 (アイルランド)
eu-west-2 欧州 (ロンドン)
eu-west-3 EU (パリ)
ap-northeast-1 アジアパシフィック (東京)
ap-northeast-2 アジアパシフィック (ソウル)
ap-southeast-1 アジアパシフィック (シンガポール)
ap-southeast-2 アジアパシフィック (シドニー)
ap-south-1 アジアパシフィック (ムンバイ)
sa-east-1 南米 (サンパウロ)

デフォルトは「アジアパシフィック (東京)」です

 
1-2-2.次はテーブル設定を設定しましょう!

 

AWS DynamoDB で設定したテーブルの情報を⼊⼒します。
 

テーブル名・・・テーブル名を入力します
パーティションキー・・・パーティションキーを入力します
ソートキー・・・ソートキー(タイムスタンプ)を入力します
日時フォーマット・・・日時フォーマットは8種類あるのでソートキーに合わせて設定します
パーティションキーソートキーは「string」または「number」から型を選択してください

 
** 1-2-3.パーティションキーを追加しましょう! **
計測したいパーティションキーを入力して右横の「追加」ボタンをクリックします

 

 

1-3. グラフ設定が全て完了したら「保存」ボタンをクリックします

 

\ グラフを表示できました! /


 

次はグラフパネルを使ってみましょう!!

 
 

2. グラフパネルを触ります

 

 

1: 「検索」アイコン
2: 「設定コピー」アイコン・・・グラフ設定をコピーします
3: 「グラフ削除」アイコン・・・グラフを削除します
4: 「グラフ設定」アイコン・・・グラフ設定を表示します(グラフ設定についてはオプション編をご確認ください)
 

2-1. 過去のデータを検索したい!

「検索」アイコンをクリックします

 

 

1: 検索するID(パーティションキー)と表示対象キーを選択します
2: 日時指定を選択します
設定した日時の「以後」「以前」、期間を指定する「期間指定」が設定できます
3: レンジ設定のon、offを切り替えます
 レンジ設定はさっき説明したので省きます!
 検索したい条件を設定したら「検索」ボタンをクリックします
 

\ 検索結果が出ました /

 

 

2-2. グラフを並び替えたい!

「グラフ移動」アイコンをクリックします

 
並び替えモードに切り替わります

 

ドラッグ&ドロップでグラフの並び替えができます!
終了する際は「並び替えモードを終了する」をクリックすると元に戻ります
 
 

2-3. ID(パーティションキー)、表示対象キーを変更したい

ID(パーティションキー)は変更したい項目をドロップダウンから選択し、「表示対象キー自動更新アイコン」をクリックします。

 

 

表示対象キーは最大5個までとしていますが、制限はしておりません。
表示対象キーが7個以上ある場合は「」アイコンをクリックしてください。

 
表示対象キーが全て表示されます。グラフに表示させたい表示対象キーのチェックボックスを選択して「表示対象キー自動更新アイコン」をクリックすると更新されます。

 

 

ただし、グラフ描画幅内にデータがなければアイコンをクリックしてもグラフは表示されません。

 
 

これで基本的な操作ができました!

ここで説明していない機能については〜オプション編〜を参考にしてくださいね!
http://iot.kyoto/vis2option-howtouse