IoT.kyoto データレイクおまかせパック

時系列データの蓄積と分析を一括管理、データレイクでビジネスをサポート

データレイクおまかせパックは、データ分析や機械学習の基盤となるデータレイクの構築を簡単に始めることができるサービスです。

Amazon DynamoDBAmazon S3に蓄積された、IoTやAIなどの時系列データを活用できるようになります。IoT.kyoto CurrenTIAMORAT GWAIカメラお手軽導入パックなどと組み合わせることで、より効果的にご利用いただくことが可能です

サービスの特徴

自由なデータ抽出
SQLライクなクエリで、自由にデータを抽出
細かい抽出条件を指定できるため、必要なデータのみ扱うことが可能
データ分析基盤
Amazon AthenaAmazon SageMakerと連携して、データレイクに保存されている大量のデータに対して機械学習や分析を行う最適な環境
データ連携
任意の外部システムへデータ連携する仕組みをご用意
バッチ化を行い、定期的に自動で連携することが可能

データ分析や機械学習に注力できる環境

データレイクを構築していない場合、データソースからデータ抽出を行うには、専門知識が必要であったり、特定の管理者のみ操作が行えたりと、制約があるのが一般的です。
データレイクを構築することで、専門知識や管理者への連絡が不要となり、データを扱いたいユーザーが自由にデータ抽出できるようになるため、データ分析や機械学習に注力することができます。

Amazon Athenaを使ったデータ抽出例

データ抽出は、主にAmazon Athenaを利用します。
AWSコンソールにあるAmazon AthenaのページでSQLライクなクエリを記述し、条件に合うデータを抽出することができます。
抽出結果は、ページ内に表形式で表示されるので、そのまま確認を行うことも、CSVでダウンロードすることも可能です。

時系列データの抽出結果は項目名がそのままでは読みづらいケースがあります。マスターテーブルが存在する場合、Joinを行い、データを見やすくすることができます。

Amazon Athenaのページで自由にデータの抽出ができますが、月初に先月分のデータを抽出するなど、定期的に実行することが決まっている条件のクエリがある場合は、毎回手動で実行することが手間となります。
そのような場合はバッチ化を行い、自動化することが可能です。

自動化は以下2パターンとなります。

  • AWS上でバッチを実行し、抽出結果をAmazon S3に保存
  • お客様のWindowsPCでバッチファイルを実行し、PCへデータを保存

USE CASE

高負荷なデータ検索
データベースとは切り離されているため、システムに影響を与えずに大量のデータに対して高負荷な検索を実行することが可能
CSV出力
IoTデバイスから送信される時系列データを、1日分にまとめて分析用のCSVとして出力
将来の分析用に蓄積
今現在はデータ分析や予知保全などの予定がないが、今後行うことになった際のためにデータを蓄積
データベースと比較すると安価に備えることが可能
BIツールでの可視化
Amazon QuickSightなどのBIツールを利用して安価に可視化を実現

BIツールと機械学習で新たなインサイトを発見

データレイクからの抽出結果を強力なBIツールと機械学習に連携することで、ユーザーに新たなインサイトをもたらします。BIツールにより、視覚的なダッシュボードやレポートを作成し、データをわかりやすく可視化します。
さらに機械学習を用いることで、潜在的なインサイトを秘めている膨大な時系列データから予測や傾向を抽出し、異常検知や将来予測を実現します。人間の目では見落としていた新たなインサイトを元にビジネスの成果を最大化しましょう!

対応するBIツール:AWS QuickSight、Tableau、MotionBoardなどAmazon Athenaと接続が可能なもの

Amazon QuickSightについてはオプションサービスがございます。

Amazon QuickSightによる可視化
Amazon QuickSight上での機械学習を用いた将来予測

参考URL:https://democentral.learnquicksight.online 

価格表

※価格表に記載のないオプションについては、別途ご要件を伺って個別見積もりとなります。