MORAT GW

Modbus RTU対応機器で手軽にセンシング&コントロール

MORAT GWとは

MORAT GWはIoT.kyotoのオリジナル製品です。市販のModbusRTU 対応センサーやアクチュエーターをMORAT GWに接続し、センシングデータの収集やアクチュエーターの制御を行います。レトロフィット(既存設備や工場のIoT化)に最適で、大規模な工事が必要ないことが大きな特徴です。

導入事例:MORAT GWで
電力デマンドを可視化する
(東亜紡織株式会社 宮崎工場様)

以前、トーア紡マテリアル株式会社 四日市工場様にて既設のPLCデータを利用して電力デマンドを可視化、
詳細に分析できるダッシュボードを導入させていただきました。今回、同じグループ会社の東亜紡織株式会社 宮崎工場様にてMORAT GWを用いた電力デマンドと環境データの可視化・分析ダッシュボードを使い、実証実験を行っています。
新しくPLCを導入する場合、配線の変更に大規模な工事が必要で、生産ラインを止めなければなりません。また、運用も大幅に変更しなければならず、コスト・時間・人材が必要になります。MORAT GWを導入することで、既存の設備も運用も人の動線も特に変えることなくIoTを導入でき、大幅なコスト削減に繋がりました。

後日談として、宮崎工場では精緻に電力デマンドが監視できる体制が整ったことを受けて、契約電力を引き下げ(年間100万円近くの削減)、電力需要ピークを乗り切ることにチャレンジされると伺っています。

スターターパック :

(セミカスタムメイドパターン)

MORAT GW紹介動画

特徴

  • 市販のFA機器やアクチュエーターが利用可能!
  • レトロフィット(既存設備や工場のIoT化)に最適!
  • 手軽に精度の高いセンシング&アクチュエートを実現
  • 大規模な工事が不要
  • LTE電波(DoCoMo/au)が届くところで利用可能
  • 複数のセンサー、アクチュエーターはデイジーチェーン(数珠つなぎ)で接続
  • 電力デマンドコントロールに特化したダッシュボード画面もご用意(有償)
  • GW⇔Modbus RTU対応センサー間は無線化可能(無線AP/Nodeが必要)

無線接続構成例

MORAT GWは無線接続にも対応しております。有線接続と併用も可能です。
※図のアーキテクチャは一例です。

ご注意

  • Modbus機器の調達および設置、配線工事はお客様にて手配ください(一般的なFA機器の設置工事と同等です)
  • IoT.kyoto MORAT GWの仕様は以下の通りです
    電源:DC10-48VまたはAC100V(ACアダプタ)
    動作温度:-20℃〜+60℃
    動作湿度:20%〜80%Rh
  • IoT.kyoto MORAT GW1台あたりのModbus機器の接続台数が増えるほど、全台からのデータ収集にかかる時間は増加します
実装例

価格表(税抜)
パッケージ内容 30万円〜

  1. MORAT GW
    ¥180,000
    ※有線接続5台分、無線接続2台分のModbus機器設定費用を含みます
  2. Modbus機器追加費用
    有線接続 ¥5,000/台
    無線接続 ¥10,000/台
    ※初回設置時、有線接続6台目以降、無線接続3台目以降
  3. 設置後のModbus機器追加費用
    ¥40,000
    ※2台目以降は有線接続¥5,000/台、無線接続¥10,000/台追加
  4. 無線AP
    ¥35,000
    ※最大64台の無線Nodeを接続可能。
    無線CT Node
    ¥23,000
    CTクランプ(60/100/200/300A)
      ¥2,000〜
  5. 無線Node
    ¥30,000
    ※内蔵ののDI/パルス最大6ch、DO最大2chの設定費用を含みます
  6. AWS環境構築一式
    ¥120,000
  7. IoT.kyoto VIS (可視化Webアプリ)
    無料
  8. Modbus機器調査費用
    ¥30,000〜
    ※当社検証済み機器以外を接続される場合のみ
  9. 電力デマンドダッシュボード
    ¥300,000
  10. アクチュエートロジック
    別途お見積もり
  11. 現地設定費用
    ¥50,000
    ※交通費別途、訪問1回
  12. 保守サービス(任意)
    ¥10,000〜/月
    ※SORACOM料金/AWS料金/AWS運用(障害発生時の復旧)

当社検証済みModbus機器

  1. omron 小型電力量モニター
    KM-N1-FLK
    KM-N2-FLK
    KM50-C
  2. CHC CO2コントローラー NMA-VRC-IIM
  3. アドバンテック RS-485 I/Oモジュール
    ADAM-4017(AI(4-20mA/電圧))
    ADAM-4018(AI(4-20mA/熱電対))
    ADAM-4024(DI/AO(4-20mA/電圧))
    ADAM-4055(DI/DO)
    ADAM-4068(リレー出力)
    ADAM-4150(DI/パルス入力/DO/パルス出力)
  4. AUTONICS(オートニクス) 温/湿度センサ THDシリーズ

USE CASE

活用例

Modbus RTU 対応のセンサーとアクチュエーターを使って電力デマンドを可視化・制御したい

IoT.kyoto MORAT GW(モラットゲートウェイ )をModbus RTU対応の電力モニタと接続し、工場、ビル、大型商業 施設、事業所や学校など、省エネルギーを推進する設備に対し、電力デマンドの可視化、遠隔制御を行います。

・ 工場で電力量が電力デマンドの最大値を超えそうになった場合に空調機器や照明機器を制御する
・ ビル設備の環境データを元に空調設備のON/OFF、または出力を自動で制御する

お見積もり一例

  1. 標準搭載
    AWS環境構築一式
    ¥120,000
  2. MORAT GW
    ¥180,000
  3. 電力デマンドダッシュボード
    ¥300,000
  4. アクチュエーター制御ロジック
    別途見積もり
  5. 現地/リモート設定作業
    ※交通費別途
    ¥50,000
¥680,000〜

Mobus機器を使った
IoTサービスの導入について
ご相談(無料)はこちらから