IoT.kyoto CurrenTIA

IoT.kyoto CurrenTIAとは

本製品は流量や振動など、アナログI/Fしか持たないセンサーを手軽にIoT化するためのデバイスです。SORACOM Air SIMを搭載しているため、ネット環境がない場所でもLTE通信が可能な場所であればどこでも設置ができます。手のひらサイズなので、場所の制約も受けません。

アナログセンサーに接続するだけでセンサーの計測値をSORACOM Funnel経由でAWS上のデータベース(Amazon DynamoDB等)に蓄積することができます。IoTスターターパックには「IoT.kyoto VIS」が含まれており、簡単に可視化やしきい値によるアラートメールを送信することができます。

名光機器株式会社様 導入事例

CurrenTIAの導入事例の画像

制御・計測機器の近くにネット回線が引けない環境では現在でもデータ収集のため、現地に赴き、データをダウンロードして確認していました。
  • 簡単な取り付けだけでデータ監視が可能に
  • 小規模な設備をご利用のユーザー様にも安価でシステムをご提供
  • SORACOM Lagoonで顧客別のダッシュボードを短期間で作成

スターターパック :

(セミカスタムメイドパターン)

IoT.kyoto CurrenTIA紹介動画

特徴

  • 最大2ch/4chまでのアナログ4-20mA入力に対応
    (リード線の長さや先端加工はご希望を承ります)
  • アナログセンサーと電源に接続するだけ、他の機器は不要
  • 最小データ送信インターバルは1秒(調整可能)
  • 電流瞬時値4~20.00の数値もしくはマッピング値で送信
  • 電源はUSB-AポートまたはDC24Vで給電
  • LTE電波(DoCoMo/au)が届くところで利用可能
  • SORACOM Harvestへのデータ蓄積(オプション)

使い方

  • CurrenTIAの信号入力ケーブルを各種アナログセンサーの4-20mA信号に接続します。
  • USBケーブルをCurrenTIAのmicro USBコネクタに接続します。
  • CurrenTIAと、各種アナログセンサーの電源をオンにします。

ご注意

  • 各種アナログセンサーの電源は別途ご用意ください
  • IoT.kyoto CurrenTIAの電源はDC5Vです。USB-AタイプのACアダプタ、もしくはDC24V→5V変換アダプタをご使用ください。(ご注文時にご指定いただいた電源に合わせ、アダプタが付属します)
  • 配線は全ての機器が電源オフの状態で接続してください
  • IoT.kyoto CurrenTIAと各種アナログセンサーの電源は同時または先にIoT.kyoto CurrenTIAの電源をオンにしてください

施工例
通信機器にIoT.kyoto CurrenTIAを使用

価格表(税抜)

  1. IoTスターターパック
    クラウド構築
    ¥120,000
    IoT.kyoto CurrenTIA
    [アナログセンサー(4-20mA)用クラウドアダプタ]
    最大2ch入力
    ¥48,000
    最大4ch入力
    ¥65,000
  2. 付属品
    本製品1台につき、SORACOM Air SIM1枚、AC100V用アダプタ
  3. 保守サービス(任意)
    ¥10,000〜/月
    ※SORACOM料金/AWS料金/AWS運用(障害発生時の復旧)

USE CASE

活用例

アナログセンサーのデータを可視化したい

IoT.kyoto CurrenTIA(カレンティア)を4-20mAアナログセンサーを接続し、短期間・低価格で可視化を行います。

お見積もり一例

  1. 標準搭載
    AWS環境構築一式
    ¥120,000
  2. IoT.kyoto CurrenTIA 2ch
    ¥48,000
  3. 現地/リモート設定作業
    ※交通費別途
    ¥50,000
¥168,000〜

アナログセンサーを使った
IoTサービスの導入について
ご相談(無料)はお問い合わせボタンから