IoT STARTER PACK

IoTをはじめるために必要最低限なものをパッケージ化

IoT機器で取得したデータを、クラウドサービスに直接転送する「SORACOM Funnel」を通してAWSへ送信し、それをIoT.kyoto VISで表示させる一連の流れ

合致するメニューを選べばPoC用システムが完成!

  • まずは小さくIoTを始めてみたい
  • どんな機器を選べばいいのかわからない
  • IoTっていくらかかるのだろう?

上記のようなお悩みをお持ちのお客様に最適な構成を「IoTスターターパック」としてご用意。短期間でIoTのPoC(概念実証)が始められます。
さまざまなメニューやオプションをご用意しておりますので、お客様の課題にぴったりな構成がきっと見つかるはずです。

IoT.kyoto VISの構成図と、それを紹介するポーズのいおたん

MENU

IoT機器によるデータ可視化のフロー図(全体)

標準装備

AWS 環境構築一式
¥120,000
IoT.kyoto VIS (可視化Webアプリ)
無料

オプション

  1. EnOceanセンサー
    受信用オプション【必須】
    Open Blocks IoT EX1用ボード
    ¥18,000
    温湿度センサー
    ¥22,000
    CO2センサー
    ¥72,000
    人感センサー
    ¥44,000
    プッシュスイッチ
    ¥30,000
    クランプCT(電流センサー)
    5~600A/各種ケーブル径対応/最大3ch
    ¥35,000~
    積層信号灯監視(EnOcean版)
    ¥58,000
  2. sigfox
    Sens’it
    ¥8,500
    ドライコンタクトコンバーター
    ¥39,800
  3. SigTIA
    [積層信号灯監視(LTE版)]
    ¥70,000
  4. CurrenTIA
    [アナログセンサー(4-20mA)用クラウドアダプタ]
    最大2ch入力
    ¥48,000
    最大4ch入力
    ¥65,000
  1. OpenBlocks IoT
    BX5
    ¥80,000
    EX1
    ¥90,000
  2. デバイスゲートウェイ
    本体/LTEルーター/設定作業込み
    動作保証:0~40℃
    (-20~60℃対応はプラス¥17,000)
    ¥285,000
  • 現地設置
    (東名阪地区限定、その他の地域は別途相談)
    ¥50,000
  • 運用受託(任意)
    SORACOM料金/AWS料金/AWS運用(障害発生時の復旧)
    ¥10,000〜/月

「FlashAirパターン」を利用したデータ可視化のフロー図(全体)

SDカード対応機器(※)のIoT化(レトロフィット)にご活用いただける構成です。SDカードにデータをファイルとして書き込む機器でご利用いただけます。書き込まれたファイルはLTEルーターを経由してほぼリアルタイムでAmazon S3に書き込まれ、自由に取り出すことができます。


本ソリューションは、ローンチカスタマーとしてフジテック様にご利用いただいております。

※CF(コンパクトフラッシュ)対応の機器でも、CF/SD変換アダプタを介して利用可能です

価格

  • FlashAirパターン基本セット
    (FlashAir x1/LTEルータ x1/AWS環境構築)
    ¥150,000
  • FlashAir 1枚追加
    ¥10,000
    LTEルーター 1台追加
    ¥16,000
    運用受託(任意)
    ¥10,000/月
    (SORACOM料金/AWS料金/AWS運用(障害発生時の復旧)、データ送信量は20GBまで)

活用例

  • 遠隔地に設置したロガーの計測値をリアルタイムで確認できるので、データ回収の手間なし
  • カメラで撮影した画像をクラウドで画像認識にかけ、異常をすばやく察知

S3以降の他のサービスへの連携(オプション)

S3にファイルが書き込まれたことをトリガーに、データ処理・DBへの書込・画像認識など、AWSの各種サービスを利用した様々な処理を行うことができます。

ORIGINAL PRODUCTS

IoT.kyotoオリジナル製品のご紹介

CurrenTIAのロゴ

アナログセンサー(4-20mA)用クラウドアダプタ

環境の維持や状態の把握が必要な設備に設置して、センサーのデータを可視化。製品の保守に必要なデータを遠隔で監視できます。

価格

最大2ch出力 ¥48,000

最大4ch出力 ¥65,000

付属品

本製品1台につき、SORACOM Air SIM 1枚、AC100V用アダプタ

CurrenTIAの画像

特徴

  • 最大2ch/4chまでのアナログ4-20mA入力に対応
    (リード線の長さや先端加工はご希望を承ります)
  • アナログセンサーと電源に接続するだけ
  • 最小データ送信インターバルは1秒(調整可能)
  • 電流瞬時値4~20.00の数値もしくはマッピング値で送信
  • 電源はUSB-AポートまたはDC24Vで給電
  • LTE電波(DoCoMo/au)が届くところで利用可能
  • SORACOM Harvestへのデータ蓄積(オプション)

可視化されたセンサーのデータのイメージ

名光機器株式会社様 導入事例

CurrenTIAの導入事例の画像

制御・計測機器の近くにネット回線が引けない環境では現在でもデータ収集のため、現地に赴き、データをダウンロードして確認していました。

  • 簡単な取り付けだけでデータ監視が可能に
  • 小規模な設備をご利用のユーザー様にも安価でシステムをご提供
  • SORACOM Lagoonで顧客別のダッシュボードを短期間で作成

SigTIAのロゴ

積層信号灯監視(LTE版)

積層信号灯に設置して、生産ラインの稼働状況をデジタルデータ化。
遠隔確認および稼働履歴の確認を可能に。

価格

¥70,000

付属品

本製品1台につき、SORACOM Air SIM 1枚、AC100V用アダプタ

SigTIAの画像

特徴

  • 既存の様々なサイズの積層信号灯に対応可能
  • 積層信号等に共締めして電源に接続するだけ
  • 信号灯は3色まで
  • 電源はUSB-AポートまたはDC24Vで給電
  • LTE電波(DoCoMo/au)が届くところで利用可能
  • EnOcean版もあります
    (上部MENU「セミカスタムメイド パターン」参照)

ランプの点灯状況データやマッピング画面のイメージ

トーア紡マテリアル株式会社様 導入事例

SigTIAの導入事例の画像

  • 作業員が大型のラインを挟んで作業をする場合、点灯状況を目視で確認できない
  • 複数のラインを監視するので、異常検知に気づかないことがある
  • 異常検知を報せても実際に対処が必要とは限らないため、作業員の手をムダに止めてしまう
  • ランプの点灯状況を可視化することで、遠隔監視が可能に
  • マッピング画面により複数ラインの稼働状況を俯瞰
  • 過去のランプの点灯状況を遡ることができるため、より適切な発報条件を検討するきっかけになった

USE CASE

目的別活用例

Case1

インターフェイスをもつ既存の機器からデータを収集したい

FTP/シリアル通信/ソケット通信などを経由してデータを収集する

お見積もり一例

  1. 標準搭載
    AWS環境構築一式
    ¥120,000
  2. OpenBlocks EX1
    ¥90,000
  3. 可視化アプリ(IoT.kyoto VIS)
    無料
  4. 現地設置(東名阪地区の場合)
    ¥50,000

※インターフェイス開発は別料金となる場合があります
¥260,000
Case2

PLCやデータロガーを用いた生産プロセスを可視化したい

PLCやModbus対応のデータロガーと接続し、センサーデータやFA機器の制御情報を簡単にクラウドに送信することができるデバイスゲートウェイとSORACOMAir SIM 対応のLTEルーターを組み合わせたセミカスタムメイドパターン

次世代のものづくりには必須の技術とも言われているデジタルツイン(工場などの物理的なモノで構成された世界をそっくりそのままデジタル上でリアルタイムに再現すること)を実現することができます。工場における現実世界の制御や監視、シミュレーションなどをデジタル上で効率的に行うことができ、またクラウド側での分析結果を現実世界にフィードバックすることも可能です(オプション対応)

お見積もり一例

  1. 標準搭載
    AWS環境構築一式
    ¥120,000
  2. デバイスゲートウェイ
    LTEルーター/設定作業込み
    ¥285,000
  3. 可視化アプリ(IoT.kyoto VIS)
    無料
  4. 現地設置(東名阪地区の場合)
    ¥50,000
¥455,000
Case3

マイコンを使ってカスタムIoTデバイスを製作したい

Wio LTE/3GシリーズをベースにGroveシステムの各種センサーやアクチュエーターを使って短納期でIoTデバイスのプロトタイプを製作することができます

・ 各種センサーを利用したテレメトリング
・ GPSによる位置トラッキング
・ 1次電池で長期駆動するIoTデバイス
・ センシング結果をクラウドで分析し、結果に基づき機器を制御
Wio LTE/3Gシリーズとは、Seeed社が開発しているGroveコネクタやLTE/3G通信モジュールが搭載されたマイコンモジュールです。様々なセンサを用いてデータを収集したり、双方向通信を活用してブザーや接点などをアクチュエートすることが可能です

お見積もり一例

  1. 標準搭載
    AWS環境構築一式
    ¥120,000
  2. Wio LTE デバイス
    ¥70,000
  3. 可視化アプリ(IoT.kyoto VIS)
    無料
¥190,000
Case4

電池レスのセンサーで手軽にセンシングしたい

電源不要・自己発電型の無線EnOceanセンサーを使用する

・倉庫内で商品の適正温度を温湿度センサーで管理
・人感センサを用いて会議室の稼働状況を確認

お見積もり一例

  1. 標準搭載
    AWS環境構築一式
    ¥120,000
  2. EnOcean 温湿度センサー
    ¥22,000
  3. 受信オプション
    ¥18,000
  4. OpenBlocks EX1
    ¥90,000
  5. 可視化アプリ(IoT.kyoto VIS)
    無料
¥250,000
Case5

SDカード/コンパクトFlashスロットのあるロガーのデータをクラウドに集めたい

ロガーやカメラなど、SDカードにデータをファイルとして書き込む機器でご利用いただけます。書き込まれたファイルはLTEルーターを経由してほぼリアルタイムでAmazon Simple Storage Service(Amazon S3)に書き込まれ、自由に取り出すことができます。

・遠隔地に設置したロガーの計測値をリアルタイムで確認
・カメラで撮影した画像をクラウドで画像認識にかけ、異常をすばやく察知

お見積もり一例

  1. 標準搭載
    FlashAir 1枚、LTEルーター1台、AWS環境構築一式
    ¥150,000
  2. オプション
    FlashAir 1枚追加
    ¥10,000
    LTEルーター1台追加
    ¥16,000

FlashAir 1枚、LTEルーター1台の場合
¥150,000