IoT STARTER PACK

IoTはじめの一歩に必要なものはすべてここで

IoT機器で取得したデータを、クラウドサービスに直接転送する「SORACOM Funnel」を通してAWSへ送信し、それをIoT.kyoto VISで表示させる一連の流れ

コンポーネントをチョイスすればPoC用システムが完成!

  • まずは小さくIoTを始めてみたい
  • どんな機器を選べばいいのかわからない
  • IoTっていくらかかるのだろう?

上記のようなお悩みをお持ちのお客様に最適な構成を「IoTスターターパック」としてご用意。短期間でIoTのPoC(概念実証)が始められます。
さまざまなオプションをご用意しておりますので、お客様の課題にぴったりな構成がきっと見つかるはずです。

IoT.kyoto VISの構成図と、それを紹介するポーズのいおたん

FLOW

フローにしたがって必要なコンポーネントをチョイスして下さい

IoT機器によるデータ可視化のフロー図

標準装備

AWS 環境構築一式
¥120,000
IoT.kyoto VIS (可視化Webアプリ)
無料

オプション

  1. EnOceanセンサー受信用オプション
    OpenBlocks IoT EX1(EnOceanモジュール内蔵)にアップグレード
    ¥28,000
    温湿度センサー
    ¥22,000
    CO2センサー
    ¥72,000
    人感センサー
    ¥44,000
    プッシュスイッチ
    ¥30,000
    クランプCT(電流センサー)
    5~600A/各種ケーブル径対応/最大3ch
    ¥35,000~
    積層信号灯監視(EnOcean版)
    ¥72,000
  2. Sens’it
    ¥8,500
    ドライコンタクトコンバーター
    ¥39,800
  3. 積層信号灯監視(LTE版)
    ¥70,000
  1. OpenBlocks IoT BX5
    ¥80,000
  2. デバイスゲートウェイ
    本体/LTEルーター/設定作業込み
    動作保証:0~40℃
    (-20~60℃対応はプラス¥17,000)
    ¥285,000
  • 現地設置
    (東名阪地区限定、その他の地域は別途相談)
    ¥50,000
  • 運用受託(任意)
    SORACOM料金/AWS料金/AWS運用(障害発生時の復旧)
    ¥10,000〜/月

SDカード対応機器(※)のIoT化(レトロフィット)にご活用いただける構成です。SDカードにデータをファイルとして書き込む機器でご利用いただけます。書き込まれたファイルはLTEルーターを経由してほぼリアルタイムでAmazon S3に書き込まれ、自由に取り出すことができます。


本ソリューションは、ローンチカスタマーとしてフジテック様にご利用いただいております。

※CF(コンパクトフラッシュ)対応の機器でも、CF/SD変換アダプタを介して利用可能です

「FlashAirパターン」を利用したデータ可視化のフロー図

価格

  • FlashAirパターン基本セット
    (FlashAir x1/LTEルータ x1/AWS環境構築)
    ¥150,000
  • FlashAir 1枚追加
    ¥10,000
    LTEルーター 1台追加
    ¥16,000
    運用受託(任意)
    ¥10,000/月
    (SORACOM料金/AWS料金/AWS運用(障害発生時の復旧)、データ送信量は20GBまで)

活用例

  • 遠隔地に設置したロガーの計測値をリアルタイムで確認できるので、データ回収の手間なし
  • カメラで撮影した画像をクラウドで画像認識にかけ、異常をすばやく察知

S3以降の他のサービスへの連携(オプション)

S3にファイルが書き込まれたことをトリガーに、データ処理・DBへの書込・画像認識など、AWSの各種サービスを利用した様々な処理を行うことができます。