NEWS

IoT.kyotoからの最新情報

【アップデート】IoT.kyoto VIS をリニューアルしました!



 
2018年10月12日、 IoT データをリアルタイムでグラフ化できる無料 Web アプリ IoT.kyoto VIS が2年ぶりにリニューアルいたしました。IoT.kyoto VIS は IoT デバイスと AWS 環境を用意すれば Amazon DynamoDB に保存した IoT データをリアルタイムでグラフ描画ができる IoT.kyoto の Web アプリです。
 

 


 


従来の製品特徴はそのまま

・ 完全無料、容量無制限
・ 最短1秒更新でリアルタイムにグラフ化
・ ブラウザからの操作のみでの簡単設定
・ 日時指定により過去の履歴もグラフ化
・ 設定した閾値を超えた、または下回った場合のメール通知が可能
・ 更新間隔の設定変更も可能

 

新しい IoT.kyoto VIS の特徴

1. グラフが10個まで同時に表示できるようになりました!

別々のテーブルでグラフが表示できても今までは3個までしかグラフが表示できないしな…なんてこともありません!
新 IoT.kyoto VIS では最大10個までグラフの表示が可能になりました。

 
1アカウントで最大10個のグラフが管理できます!




 

2. グラフの表示順を並び替えられるようになりました!

複数のグラフが表示できたら、今度はこのグラフを左に持ってきたい、これは最上部に表示したい…等、並び替えも必要になってきますよね。

並び替え、できます!!

「並び替えモード切り替え」アイコンをクリックするだけで、ドラッグ&ドロップで並び替えが可能です。

 
1に掲載した画像の最上部のグラフを左右並び替えました!

 

3. 異なる IAMユーザーのグラフを複数表示できるようになりました!

一番のメリットはこれ!グラフの設定>認証情報設定から複数のAWS IAM ユーザーが設定できるようになりました。あのユーザーで取得しているデータとこのユーザーで取得しているデータを複数表示したい…でもさすがの IoT.kyoto VIS でも 1つのユーザーからしかデータは取れないだろう……なんて思われるかもしれません。

新しくなった IoT.kyoto VIS は1つの画面に複数の AWS IAM ユーザーのデータを可視化することができるようになりました!

 
複数のユーザーから選ぶことができます

また、新しくなった IoT.kyoto VIS は1つのアカウントで別のテーブルのデータも可視化できるようにもなりました!!

もちろん同じテーブル内のデータでも同時に表示できますし、同じ AWS IAM アカウントのデータの表示もできます。

 
グラフ画像(認証情報ストアもテーブルも異なるデータを表示しています)

 


 
もちろん、今までの IoT.kyoto VIS をご利用中のお客様にもより便利にご利用いただけますし、これから IoT化 を進めたいお客様にもぴったりの仕様です!!
新しい IoT.kyoto VIS はこちらから!!

今後も定期的にアップデートを行いますので、どうぞご期待ください!