NEWS

IoT.kyotoからの最新情報

IoT.kyoto オリジナル製品「積層信号灯(パトランプ)監視LTE版」「アナログセンサー(4-20mA)用クラウドアダプタ」の製品名が決定しました!


IoTスターターパックのデバイスとして販売している「積層信号灯(パトランプ)監視LTE版」と「アナログセンサー(4-20mA)用クラウドアダプタ」の製品名が決定しました!

積層信号灯(パトランプ)監視LTE版 SigTIA(シグティア)

既存の積層信号灯に容易にアドオンでき、内蔵した LTEモデムに SORACOM Air SIM を搭載しているため、生産ラインの駆動状況を単体でデジタル化することができるデバイスです。

SigTIA(シグティア)は Signal Tower IoT Adapter の頭文字を組み合わせています。

SigTIA(シグティア)の主な特徴

・既存の様々なサイズの積層信号灯に対応可能
・積層信号等に共締めして電源に接続するだけ、他の機器は不要
・信号灯は3色まで
・電源はUSB-Aポート(AC100V用アダプタが付属)またはDC24Vで給電
・SORACOM Air SIMが付属(本製品1台につき1枚)
・LTE電波(DoCoMo/au)が届くところで利用可能
・動作推奨温度:0~40℃

価格

¥70,000-/台

SigTIA(シグティア)の画面イメージ

無料 Web アプリ IoT.kyoto VIS に専用画面をご用意します。

実際に使用しているところ

 


アナログセンサー(4-20mA)用クラウドアダプタ CurrenTIA(カレンティア)

アナログセンサーに接続するだけでセンサーの計測値をクラウド上のデータベースに蓄積、データをグラフ化できるデバイスです。LTEモデムに SORACOM Air SIM を搭載しているので、単体で動作します。

CurrenTIA(カレンティア) は Current IoT Adapter を組み合わせています。

CurrenTIA(カレンティア)の主な特徴

・最大2ch/4chまでのアナログ4-20mA入力に対応 (リード線の長さや先端加工はご希望を承ります)
・アナログセンサーと電源に接続するだけ、他の機器は不要
・最小データ送信インターバルは1秒(インターバルは調整可能)
・データは電流瞬時値を0~20.00の数値もしくはマッピング値で送信
・オプションとしてSORACOM Harvestへのデータ蓄積も可能
・電源はUSB-Aポート(AC100V用アダプタが付属)またはDC24Vで給電
・SORACOM Air SIMが付属(本製品1台につき1枚)
・LTE電波(DoCoMo/au)が届くところで利用可能
・動作推奨温度:0~40℃

価格

最大2ch入力 ¥48,000-
最大4ch入力 ¥65,000-

4-20mA信号発生器(擬似的なアナログセンサー)を用いてリアルタイムで可視化している様子

 

デバイスの価格と AWS 環境構築一式(¥120,000-) をあわせて IoT を始めることができます。
気になる方はぜひ、お問い合わせください。
今後、展示会等で実際に稼動しているところをご確認いただける予定です。