NEWS

IoT.kyotoからの最新情報

日刊工業新聞一面にユーシン精機様の「射出成形工程のIoT化」が取り上げられました!



 

2018年10月26日付の日刊工業新聞の一面トップユーシン精機様の「射出成形工程の IoT 化」についての記事が掲載されました!

記事ではユーシン精機様が展開している IoT 機能を搭載した射出成形品取出ロボットをハブに使い、射出成形工程に使われる各大手射出成形機メーカーの各機器と通信ケーブルで接続し、生産工程全体を見える化する取り組みを紹介。メーカーの垣根を越えて行われる生産性や品質向上、予知保全のための IoT 導入が、今後射出成形業界に広がっていくかが注目されています。

本文もぜひ、ご覧ください。
射出成形「見える化」 メーカー10社超が協力、IoT でライン管理 ※要会員登録

 
本文では IoT.kyoto が提供させていただいた IoT サービスについてもご紹介いただいています!
※以下、2018年10月26日付 日刊工業新聞より引用

各機器の生産情報は、同ロボ搭載のデータ通信SIMカードから携帯電話網で送信。データはセキュリティーを担保した専用の閉域網内で保管する。ライン構成機器の生産情報や成形条件などをトータルに管理でき、スマートフォンでも確認可能。生産数やサイクルタイム、カメラ画像などにより現場の生産状況をリアルタイムに把握できる。

今回のIoTサービスは携帯電話網と閉域網のクラウド内でデータ管理するため、自前のサーバー構築などが不要。初期投資が少なく、低コストで運用を始められるのが特徴だ。

ユーシン精機様の射出成形品取出ロボットの IoT 機能の搭載の導入事例はこちら

IoT.kyoto では、ロボットに搭載する通信機器をはじめ、スマホ用画面、PC 用画面、ロボットの IoT 部分製造・管理・トラブルシューティングのためのシステムなど、ロボット向けの IoT 機能をワンストップでご提供しています。