BLOG

ブログ

SORACOM Discovery 2021 Day2 に登壇いたしました!【レポート】

投稿日:2021年6月23日

2021年6月22日から24日まで開催の株式会社ソラコム様主催「SORACOM Discovery 2021」Day2(6/23)にIoT.kyoto シニアエバンジェリストの辻が登壇いたしました。

また、SORACOM Discovery 2021のアーカイブ動画が当日の視聴URLよりご覧いただけます。
SORACOM Discovery2021にお申し込みをされていない方はSORACOM Discovery 2021 公式サイトの「アーカイブ配信視聴」ボタンよりお申し込みいただき、ご視聴くださいませ。

当日の資料も公開しておりますので、こちらもご確認ください。



IoT.kyotoの登壇の前に、午前中の基調講演で東亜紡織株式会社様の導入事例をご紹介いただきました!ありがとうございます。
参考:工場内の電力デマンドや環境データを可視化・監視する(インタビュー)

また、Day1(6/22)では株式会社てつでん様の事例紹介もしていただきました!こちらも取り上げていただき、ありがとうございました。
参考:リモートアクセスサービス(SORACOM Napter)を利用して鉄道設備の稼働ログを遠隔監視する(インタビュー)

今回の登壇では「加速するIoTの社会実装!スマートxxで世の中はどう変わる?」と題してコネクテッドカーやスマートシティなど、日々変化していくIoTを取り巻く世界の「未来」のお話やスマートファクトリーの「最先端」なお話をお送りいたしました!ソラコム kenta様をお呼びしてお話いたしました。

前半のお話の中でコネクテッドカーについて詳しくお話させていただきましたが、IoT.kyotoでもとある乗り物のIoT化にも携わっております。いつかこちらの事例もどこかで公開できるよう邁進してまいります!

IoTの「未来」の話ではソラコム kentaさんにご参加いただきました。Twitterではkentaさんが登壇された際に、少しざわ…としていたのが印象的でした。

ちょうどIoT.kyotoセッション前の基調講演内で、新サービス「SORACOM Arc」が発表され、IoT.kyotoがプライベートベータ版を体験させていただき、早速ブログを公開いたしました。セッションの中でも少しこの話に触れさせていただき、こちらの「SORACOM Arc」は今後、新たな社会インフラのはじまりになるのではないか、とお話いたしました。

参考:【体験】SORACOM Arcのプライベートベータ版触ってみた!

また後半ではトーア紡コーポレーション 中井様にも登壇いただき、スマートファクトリーの「今」についてお話させていただきました。

東亜紡織 宮崎工場様には古くから使用されている機械が多く、上記の導入事例もあわせて、様々な工程でレトロフィット(既存設備や工場のIoT化)に挑んでいただいています。

今回の登壇でご紹介したものは最新の導入事例です。こちらはIoT.kyotoだけでなく、中井様も一度も宮崎工場様に訪れることなく、リモートで現場の方に設置していただき、特に問題なくデータをiPadで可視化できるようになりました。

また、トーア紡マテリアル株式会社 四日市工場様ではAIカメラ「Vieureka」を使って不良品検知の実証実験を行っていただいております。どうやらこちらの実証実験はうまくいっているらしく、この先の運用も考えていただけるみたいなので、四日市工場様とご一緒に、新たなソリューションとして動き出せたら幸いです!

参考:IoTカメラ「Vieureka」を使って不織布の不良品検知を行う

最後は前編、後編と展開したお話をまとめさせていただきました。数々のIoT化に積極的に取り組んでいただいている中井様から最後に「IoT導入はゴールじゃないです。スタートです」と言っていただけたのはIoTを提供する私たちにとっても力になる一言でした。

ソラコム kentaさん、トーア紡コーポレーション 中井様、ご登壇いただき、本当にありがとうございました!